ブログ

ブログ

2016年05月10日

法要を営む日について

在来仏教では法要を行う日が決まっています。
今回も滝田商店さんのサイトが良く纏まっているので下記引用させて頂きます。
===引用開始===

死後七日ごとに四十九日まで行う忌日法要(きびほうよう)と、

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌などの年忌法要(ねんきほうよう)です。
仏教では、死後七週間はまだ故人があの世とこの世の間をさまよっているとされています。
この四十九日間を「中陰(ちゅういん)」と呼んでいます。
死後七日目から七日ごとに七回、閻魔大王(えんまだいおう)をはじめとする十王から、生前の行いに対してお裁きを受け、四十九日目で来世の行き先が決まるとされています。 残された家族は故人が極楽浄土に行けるように、故人に善を送る(追善)法要を営むのです。
年忌法要は極楽浄土に行った故人がさらなる精進の道へと導くために営みます。
一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌とつづき、三十三回忌で長い修行の締めくくりとして、故人は菩薩(ぼさつ)の道に入り、「ご先祖さま=守り神」となります。 仏教ではさらに、五十回忌、百回忌と続きますが、一般には三十三回忌、もしくは五十回忌をもって「弔い上げ」とし、法事の締めくくりとしています。

忌日法要
初七日 しょなのか 命日も含めて7日目
二七日 ふたなのか 命日も含めて14日目
三七日 みなのか 命日も含めて21日目
四七日 よなのか 命日も含めて28日目
五七日 いつなのか
(=三十五日)(さんじゅうごにち) 命日も含めて35日目
六七日 むなのか 命日も含めて42日目
七七日 なななのか
(=四十九日) (しじゅうくにち) 命日も含めて49日目
百カ日 ひゃっかにち 命日も含めて100日目
===引用終了===
亡くなられてから49日間を中陰と呼び49日目にあたる日を満中陰と呼びます。
中陰(ちゅういん)とは、仏教で人が死んでから次の生を受けるまでの49日間を指します。死者が今生と後生の中間にいるという概念からきています。

 

お墓、海洋散骨、樹林散骨、手元供養の件や終活の件で何かお困りごとがあれば、電話またはメールで連絡下さい。
お問い合わせはhttp://ioi-shitaku.com/contact

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

まずはお気軽にお問い合せください