ブログ

ブログ

2019年03月06日

仏教の宗旨宗派が違うと問題あるの?

仏教の宗旨宗派が違うと何が問題なのか?

 

大まかに言うと「悟りを開くための教え」が違います。

そしてもう一つは「葬儀などでの作法や儀式の進め方」が違います。

 

まずは教えの所です。

浄土宗:「南無阿弥陀仏」と念仏を唱える努力で救われる
浄土真宗:「南無阿弥陀仏と言えば浄土に行ける」
曹洞宗や臨済宗(禅宗系):とにかく座禅をしなさいという教え
真言宗:誰でも正しい修業によって、その身のままで仏になれる「即身成仏」という考え方

などなど

 

宗派によって全く違いますので、どれを信じるか?になりますね。

座禅をしなさいって言われているのに、南無阿弥陀仏と言えば浄土に行けるって言われてもねぇ・・・

 

次には「葬儀などでの作法や儀式の進め方」が違います。

浄土宗や浄土真宗は、「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」
日蓮宗では、「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」
真言宗では、「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」など

 

これが通常のものと違うと、何かしっくりこないのではないでしょうか?

気にしない人は全く気にしないのでしょうが、これは拘らないといけないと思いますよ

 

時間がある時に、自分の家の宗旨宗派を是非調べてみて下さい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

まずはお気軽にお問い合せください