ブログ

ブログ

2015年06月18日

葬祭関連の展示会 その2

横浜のパシフィコ横浜で開催された葬祭関連の展示会(フューネラルビジネスフェア)で見ていて印象に残った商品 その2

 

有限会社 市原産業の祈花

http://www.inorica.net/#!funeral/c9k5

この企業は創業45年の和装髪飾りのメーカーさんで、フューネラル用に新製品を開発して展示されていました。

プリザーブドフラワーや生花とは違った素晴らしい趣のある花でした。

また空間デザインにこの花を活用すると、素晴らしいお店が出来るように感じました。

仏壇をこのようなオブジェで飾ったら、モダンな場所になると思いました。

皆様はどのようにお考えになりますか?

 

また髪飾りの布ではなく、メタルを使ったオブジェも展示してありました。

http://www.inorica.net/#!metal/c1eg6

これも素敵でしたよ。

 

終活・エンディングノートで気になる事があれば、弊社までお問合せ下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年06月11日

jijico 毎朝3分の知恵チャージに記事が掲載されました

6月11日のjijicoに記事を書かせて頂きました。

 

表題 :遺骨はどこへ?現代の終活に見る霊園・墓地の今後

 

http://jijico.mbp-japan.com/2015/06/11/articles17881.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年06月11日

葬祭関連の展示会 その1

6月8日(月)9日(火) 横浜のパシフィコ横浜で葬祭関連の展示会

(フューネラルビジネスフェア)が開催されていました。

最近は葬儀が小規模になって来ているとの事で、新しい商品の提案が沢山ありました。

見ていて印象に残った商品 その1

株式会社東海製蝋 Cube10(キューブテン)

http://www.tokai-seiro.co.jp/shouhin/cube-tensi.html#cube

 

ロウソクの丈が短い商品は沢山ありますが、これは形が違う!なんと四角なのです。

安心安全な構造 … 誰にも持ちやすく転がりにくい四角形の形状

お尻の穴は均一 … ロウソクのお尻の穴は、深く太く、すべて均一

 

高齢になると、丸いものは滑ってつかみにくいので、四角の形状にしたそうです。

 

このこだわり・・・凄いです!

終活・エンディングノートで気になる事があれば、弊社までお問合せ下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年06月03日

新しいエンディングノート

先日新しいエンディングノートに出逢ってきました。

その名前は、マンダラエンディングノートと言います。

心のどこかで思っている「終活への思い」を、無理なく自然に「見える化」できる、不思議なノートです。

 

【特徴】

◆マンダラチャート®を応用している

◆質問の答えが自然と湧いて出る

 

私もこのエンディングノートを記入してみましたが、非常に書きやすいエンディングノートだと思います。

これを記入する事で、今ここを確認し、将来を考えるので、年齢に関係なく記入する事が可能ですよ!

今までのエンディングノートで拒否反応を示した方こそ、再挑戦してください。

ご興味のある方は、私にお問い合わせください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

「エンディングノート研究所」が、終活の在り方や人生の終焉について考えます

少子高齢社会化が進むに連れ、日本で耳にすることも多くなった『終活』や『エンディングノート』という言葉の意味やそうした活動の必要性をどれだけの方がご存じでしょうか。「まだ大丈夫」と思っていても人生の終焉はいつどのような形として訪れるか分かりません。
だからこそ東京都の「エンディングノート研究所」では、万が一のときに備えておく『終活』の重要性や始め方を知っていただくためのセミナーや相談会を開催、この機会に「エンディングノート研究所」と一緒にご自身の人をもう一度見つめ返してみてはいかがでしょうか。

まずはお気軽にお問い合せください