ブログ

ブログ

2019年02月15日

フレイルの予防には

フレイルの言葉の意味を先日解説させて頂きました。

それでは、フレイルを予防するには、どうすれば良いのでしょうか?

 

フレイルの原因は大きく3つと言われています。

・身体的要素 ~老化や病気から

・精神的要素 ~うつや認知症から

・社会的要素 ~孤独や閉じこもり

 

おおざっぱに言ってしまうと、

全ては老化から来ているのではないかと思われます。

 

つまり年に抗えば(抗老齢)できれば問題は解決すると思います。

抗老齢=アンチエイジングが出来れば、

問題解決が出来ると思います。

 

アンチエイジングなんて不可能と思っている人は、一度調べてみて下さい。

沢山のやり方が現れてきていますよ・・・

 

それではまた

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年02月14日

サルコって

皆さん

「サルコ」って言葉知っていますか?

僕は全く知りませんでした。

 

グーグル検索で「サルコ」って入れても検索に出てこないし・・・

いろいろと検索をかけてやっと判りました。

正確には「サルコぺニア」と言います。

 

サルコペニアとは、加齢や疾患により、筋肉量が減少することで、

握力や下肢筋・体幹筋など全身の「筋力低下が起こること」を指します。

または、歩くスピードが遅くなる、杖や手すりが必要になるなど、

「身体機能の低下が起こること」を指します。

長寿健康ネットより引用)

 

長寿を実現するには、サルコにも気を付けないといけませんね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年02月13日

ロコモ

皆さん、

 

ロコモ って言葉聞いたことありますよね?

正確には ロコモティブシンドロームと言います。

 

ロコモティブシンドローム(locomotive syndrome)とは、

「運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態 」のことを表し、

2007年に日本整形外科学会によって新しく提唱された概念です。

略称は「ロコモ」、和名は「運動器症候群」と言われます。

運動器とは、身体を動かすために関わる組織や器管のことで、

骨・筋肉・関節・靭帯・腱・神経などから構成されています。

長寿健康ネットより引用)

 

長寿を目指すには、ロコモにならないような運動習慣が大切ですね。

皆さん、今日も運動していますか?

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年02月12日

フレイル

皆さん

 

フレイルって言葉、見たり聞いたことありますか?

新聞広告でもフレイルを予防する とかの広告があります。

 

このフレイルって何でしょうか?

 

ネットで調べると出てきました。

 

フレイルは、厚生労働省研究班の報告書では

「加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、

複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、

心身の脆弱性が出現した状態であるが、一方で適切な介入・支援により、

生活機能の維持向上が可能な状態像」とされており、

健康な状態と日常生活でサポートが必要な介護状態の中間を意味します。

健康長寿ネットより引用)

 

長生きを目指すには、フレイルにならない事が大切って言われる意味が理解できますね。

 

それではまた

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年02月11日

小さい時に見た事は・・・

私たちは自由な世界に生きています。

だから、宗教を信仰す、しないも個人の意思に任されています。

 

そうは言っても、幼少時代の見た事、聴いた事に相当左右されていると思います。

 

例えば、おじいさんやおばあさんが、いつも家の仏壇に線香をあげていれば、

それが不思議でも何でもないように思ってしまい、大きくなっても自然にそれを

おこないます。

 

僕は小さい時に、おばあさんが毎日家の仏壇でお経を上げていました。

それを見ていたので、仏壇があれば手を合わせたくなってしまいます(笑)。

お経はまだ出来ません。

 

三つ子の魂百まで とは良く行ったものです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

「エンディングノート研究所」が、終活の在り方や人生の終焉について考えます

少子高齢社会化が進むに連れ、日本で耳にすることも多くなった『終活』や『エンディングノート』という言葉の意味やそうした活動の必要性をどれだけの方がご存じでしょうか。「まだ大丈夫」と思っていても人生の終焉はいつどのような形として訪れるか分かりません。
だからこそ東京都の「エンディングノート研究所」では、万が一のときに備えておく『終活』の重要性や始め方を知っていただくためのセミナーや相談会を開催、この機会に「エンディングノート研究所」と一緒にご自身の人をもう一度見つめ返してみてはいかがでしょうか。

まずはお気軽にお問い合せください