ブログ

ブログ

2016年08月17日

お墓の分類 その1

一言でお墓と言っても、様々なものがあります

 

お墓を分類することは出来るのでしょうか?

実は明確な定義がないので、分類することは難しいです。

今回はあえて、その分類をしてみたいと思います。

      1)石の墓

2)納骨堂

3)樹木葬

4)永代供養墓

5)散骨

6)0葬

7)手元供養

このような分類になるのではないかと考えます。

 

ここからそれぞれを解説していきます。

    1)石の墓

墓地に墓石を建て、それをお墓とするもの。

家族を単位とした家墓と個人を単位とした個人墓がある。

墓石の形も、和型、洋型やオリジナルの形のお墓もある。

また、材質も石材とガラスを組み合わせた墓石もある。

お墓

このタイプの墓は、先祖供養の意識を家族で共有出来る事が大きなメリットだと思い

ます。注意点は継承者がいないと購入できないことと良い場所だと購入費用が

高くなることですね。

 

終活、供養相談受付中

お困りごとがあれば連絡ください。

お問合せはhttp://ioi-shitaku.com/contact

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

「エンディングノート研究所」が、終活の在り方や人生の終焉について考えます

少子高齢社会化が進むに連れ、日本で耳にすることも多くなった『終活』や『エンディングノート』という言葉の意味やそうした活動の必要性をどれだけの方がご存じでしょうか。「まだ大丈夫」と思っていても人生の終焉はいつどのような形として訪れるか分かりません。
だからこそ東京都の「エンディングノート研究所」では、万が一のときに備えておく『終活』の重要性や始め方を知っていただくためのセミナーや相談会を開催、この機会に「エンディングノート研究所」と一緒にご自身の人をもう一度見つめ返してみてはいかがでしょうか。

まずはお気軽にお問い合せください