ブログ

ブログ

2016年05月16日

十王、十王信仰って何?

前回の記事で、「死後七日目から七日ごとに七回、閻魔大王(えんまだいおう)をはじめとする十王から、生前の行いに対してお裁きを受け、四十九日目で来世の行き先が決まる」との話を載せました。今回の記事では、これを解説します。

日本の在来仏教(浄土真宗を除く)では、亡くなった後、あの世での死者の審理は通常七回行われると言われています。

没して後、七日ごとにそれぞれ
秦広王(不動明王)(初七日)
無益な殺生を初めとする仏教の五戒に反していなかったかについての審理

初江王(釈迦如来)(十四日)
主に盗みに関しての審理

宋帝王(文殊菩薩)(二十一日)
性に関する罪の審理

五官王(普賢菩薩)(二十八日)
人の五官が元となる悪業や罪を審理対象とし、特に妄言(嘘)に関する詮議を行う。

閻魔王(地蔵菩薩)(三十五日)
これまでの裁きの結果を元に死者が六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)の何処に生まれ変わるかを決定する。

変成王(弥勒菩薩)(四十二日)
死後四十二日後の審理を行い六道に振り分けられた死者が、その中でもどのような場所に生まれ変わるかの審理

泰山王(薬師如来)(四十九日)
どのような姿で生まれ変わるか、寿命などが決定
以上の順番で一回ずつ審理を担当する。

七回の審理で決まらない場合は、追加の審理が三回
平等王(観世音菩薩)(百ヶ日忌)
都市王(勢至菩薩)(一周忌)
五道転輪王(阿弥陀如来)(三回忌)

つまり十王によってこの世の行いを審判されると言う言い伝えです。これによって、この世でも品行方正に生きて行きましょうって事を教えていたと私は考えます。日本の習俗は面白いですね。

 

お墓、海洋散骨、樹林散骨、手元供養の件や終活の件で何かお困りごとがあれば、電話またはメールで連絡下さい。
お問い合わせはhttp://ioi-shitaku.com/contact

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年05月10日

法要を営む日について

在来仏教では法要を行う日が決まっています。
今回も滝田商店さんのサイトが良く纏まっているので下記引用させて頂きます。
===引用開始===

死後七日ごとに四十九日まで行う忌日法要(きびほうよう)と、

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌などの年忌法要(ねんきほうよう)です。
仏教では、死後七週間はまだ故人があの世とこの世の間をさまよっているとされています。
この四十九日間を「中陰(ちゅういん)」と呼んでいます。
死後七日目から七日ごとに七回、閻魔大王(えんまだいおう)をはじめとする十王から、生前の行いに対してお裁きを受け、四十九日目で来世の行き先が決まるとされています。 残された家族は故人が極楽浄土に行けるように、故人に善を送る(追善)法要を営むのです。
年忌法要は極楽浄土に行った故人がさらなる精進の道へと導くために営みます。
一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌とつづき、三十三回忌で長い修行の締めくくりとして、故人は菩薩(ぼさつ)の道に入り、「ご先祖さま=守り神」となります。 仏教ではさらに、五十回忌、百回忌と続きますが、一般には三十三回忌、もしくは五十回忌をもって「弔い上げ」とし、法事の締めくくりとしています。

忌日法要
初七日 しょなのか 命日も含めて7日目
二七日 ふたなのか 命日も含めて14日目
三七日 みなのか 命日も含めて21日目
四七日 よなのか 命日も含めて28日目
五七日 いつなのか
(=三十五日)(さんじゅうごにち) 命日も含めて35日目
六七日 むなのか 命日も含めて42日目
七七日 なななのか
(=四十九日) (しじゅうくにち) 命日も含めて49日目
百カ日 ひゃっかにち 命日も含めて100日目
===引用終了===
亡くなられてから49日間を中陰と呼び49日目にあたる日を満中陰と呼びます。
中陰(ちゅういん)とは、仏教で人が死んでから次の生を受けるまでの49日間を指します。死者が今生と後生の中間にいるという概念からきています。

 

お墓、海洋散骨、樹林散骨、手元供養の件や終活の件で何かお困りごとがあれば、電話またはメールで連絡下さい。
お問い合わせはhttp://ioi-shitaku.com/contact

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年05月02日

法事と法要の意味

GWが始まりましたね、故郷に帰省される方もおおいのではないでしょうか?

今回は法事と法要の意味を調べてみました。
滝田商店さんのサイトが良く纏まっているので下記引用させて頂きます。
===引用開始===
法事と法要についてできるだけわかりやすく説明したいと思います。
一般に、私たちは「法事」と言っていますが、厳密に言いますと、
住職にお経をあげてもらうことを「法要」といい、
法要と後席の食事も含めた行事を「法事」と呼びます。
「初七日」とか「四十九日」「一周忌」ということばは聞いたことがあると思います。
故人が亡くなったあとに行う重要な法要です。
そもそも法要とは、仏になった故人を供養するという意味の仏教用語で、追善供養ともいいます。
法要は故人を偲び、冥福を祈るために営むものなのです。
冥福とは、冥途の幸福のことで、故人があの世でよい報いを受けてもらうために、この世に残された者が供養をします。
===引用終了===

 

法要を営むことによって故人は極楽浄土に往生できるとされているので、法要は、故人を供養する為には必要な儀式と考えられています。

意味がご理解頂けましたでしょうか?

 

お墓、海洋散骨、樹林散骨、手元供養の件や終活の件で何かお困りごとがあれば、電話またはメールで連絡下さい。
お問い合わせはhttp://ioi-shitaku.com/contact

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年04月21日

障害年金(生活困難、重病など)を活用しましょう

4月18日の読売新聞のWebコラムyomiDr.に「がんの障害年金を知っていますか?」との記事が出ています。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160418-OYTEW154610/

 

以下記事より転記
年金というと、60歳になったら、もらえる老齢年金のことが思い浮かぶと思いますが、障害年金は、老齢年金、遺族年金と並ぶ公的年金の一つです。
がん患者さんも、障害年金をもらえることをぜひ知っておいてほしいと思います。
障害年金とは、簡単に言うと、重病になり、働くことが、または、日常生活が困難になった人が対象となる年金制度です。
がん以外にも、心疾患、脳疾患などの疾患でも適応になります。高齢者が対象というよりは、むしろ、若い方のための年金制度です(転記終了)

 

この制度は、がんや心の病でも適用の可能性がありますので、知っておくと良いと思います。言葉が難しいので、もらえないものと諦めている方も多いのではないでしょうか?

先日この障害年金をサポートしている社会保険労務士の方と面談しました。社会保険労務士さんでも全員がサポートしている訳ではないので、専門の方にサポートしてもらう事が肝心です。

もし、周りの方で、企業に勤めていて働き盛りの頃に、闘病後早くして亡くなってしまった方がいらっしゃれば、死亡後でも年金が頂けるかもしれません。公的年金で保証された権利ですので、是非有効に活用してみては如何でしょうか?

 

お墓、海洋散骨、樹林散骨、手元供養の件や終活の件で何かお困りごとがあれば、電話またはメールで連絡下さい。
お問い合わせはhttp://ioi-shitaku.com/contact

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年04月11日

ペットのお別れ施設 教会タイプ

先日西八王子にあるペットとのお別れ施設(フランセス教会)を見学してきました。
元々は結婚式場だった施設を改修して、ペットとのお別れ施設にしたとの事でした。
チャペルには非常に大きなステンドグラスがあり、ものすごく素敵な施設でした。

フランセス教会
ペットが家族になった時から、最期のお別れと葬儀、そしてその後の供養までをトータルでサポートする事をコンセプトに考えられた施設でした。ペットの納骨堂も備えられておりました。

 

通常ペットの供養と言うと仏教式が非常に多く見受けられると思います。今までは仏教式以外の施設を探す事が非常に難しい状態が長く続いたと思いますが、やっと今回仏教式以外の施設が出来て、喜ばしいと考えます。

 

また施設内には、HOGOKEN CAFÉという、人間の身勝手で捨てられ行き場を失ってしまったワンちゃんたちが里親を探すCAFÉが併設されています。非常に人懐っこいワンちゃんとネコちゃんがいました。

 

お近くの方は、是非足を運んでは如何でしょうか?

 

お墓、海洋散骨、樹林散骨、手元供養の件や終活の件で何かお困りごとがあれば、電話またはメールで連絡下さい。
ペットのお墓もお問合せ下さい。
お問い合わせはhttp://ioi-shitaku.com/contact

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

「エンディングノート研究所」が、終活の在り方や人生の終焉について考えます

少子高齢社会化が進むに連れ、日本で耳にすることも多くなった『終活』や『エンディングノート』という言葉の意味やそうした活動の必要性をどれだけの方がご存じでしょうか。「まだ大丈夫」と思っていても人生の終焉はいつどのような形として訪れるか分かりません。
だからこそ東京都の「エンディングノート研究所」では、万が一のときに備えておく『終活』の重要性や始め方を知っていただくためのセミナーや相談会を開催、この機会に「エンディングノート研究所」と一緒にご自身の人をもう一度見つめ返してみてはいかがでしょうか。

まずはお気軽にお問い合せください