ブログ

ブログ

2016年07月04日

「夏越の祓」はご存知ですか?

6月下旬に神社で大きな茅の輪を見かけたことはありませんか?
これは私が参拝した品川神社の写真です。

160702-105401-IMG_20160702_105400_R

「夏越の祓」(なごしのはらえ)は別名「茅の輪くぐり」(ちのわくぐり)といいますが、いったい何をするのでしょう?
先日品川神社で茅の輪くぐりをしてきました。

160702-104929-IMG_20160702_104928_R

オールアバウトhttp://allabout.co.jp/gm/gc/464208/ より引用

 

夏越の祓(茅の輪くぐり)とは

「夏越の祓」とは、6月30日に行う祓の行事で、神社の境内につくられた茅の輪をくぐって罪や穢れを落とすため、別名「茅の輪くぐり」と呼ばれています。茅の輪とは、茅(ちがや)という草で編んだ輪のことです。

日々生活していると、さまざまな罪や穢れが生じると考えられてきました。そこで、茅の輪や人形(ひとがた。人の形をした紙で、罪や穢れをうつして祓うために使う)などで罪や穢れを祓う大祓(おおはらえ)を行うようになりました。6月末に行われるものが「夏越の祓」で、12月末に行うものを「年越の祓」といいます。

つまり、夏越の祓は今年前半の穢れを祓って無事に過ごせたことに感謝し、後半も元気に過ごせるよう祈る行事です。

160702-105001-IMG_20160702_105001_R

茅の輪くぐりの由来
茅の輪くぐりは、日本神話に基づいているといわれています。昔、一人の旅人が現れ、ある兄弟に一夜の宿を乞いました。弟は裕福であるにもかかわらず旅人を冷たく断りましたが、兄の蘇民将来(そみんしょうらい)は貧しいながらも手厚く旅人をもてなしました。実はこの旅人は武塔神(むとうしん。スサノオノミコトと同一視されている)で、蘇民将来へ災厄を祓う茅の輪を授けました。蘇民将来は、武塔神の教えに従い茅の輪を腰に付けたところ、疫病から逃れられ、子々孫々まで繁栄したということです。

この話に基づき、茅の輪くぐりをしたり、家の玄関に蘇民将来のおふだをつけたりするようになりました。

以上引用終了

 

 

茅の輪のくぐり方
品川神社の説明書きを写真に撮りました。

160702-104940-IMG_20160702_104940_R

日本の素晴らしい習俗だと思います。年末年始のお参り以外に、神社でこのような事を体験してみるのもよいのではないでしょうか?

 

お墓、海洋散骨、樹林散骨、手元供養の件や終活の件で何かお困りごとがあれば、電話またはメールで連絡下さい。
お問い合わせはhttp://ioi-shitaku.com/contact

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年06月27日

仏壇や墓や供養を現代に反映させて解説すると

今は様々な情報がネットの世界に溢れています。
最近は、それらをうまく利用するのが、賢い生き方の様に感じます。
ツイッターというSNSがあります。災害などの時に情報をユーザー側から知らせる事が出来るので、非常に有益なツールと言われています。
そこに面白い情報があったのでシェアさせて頂きます。

 
以下シェアを転記します。

元鈴木さん@Motosuzukisan
仏壇のじいちゃんに挨拶した?って出る前にマッマに言われて、仏壇に挨拶したらいいのか墓に挨拶したらいいのか…って言ったら、
「仏壇はタブレット、墓はデスクトップ、おじいちゃんはクラウドに保存されている。今からデスクトップをアップデートしに行く」と言われてなんか納得した。

 

ごうるでん⊿BEST9名阪東 @GOLDEN_PRFM9
魂は葬式でデータ化され、戒名というURLが割り振られる。
クラウドにアップロード完了するまで四十九日要する。
サーバー(寺)を介して各デバイス(墓、位牌)に同期される。
法事は定期メンテナンス、坊主はSE。お経はプロトコル。

以上転記終了

 

 

これらの考え方はいかにも現代的で、若者に理解し易いです。寺の住職は法事の時に、この様な解説をしてくれたら、仏教が理解し易いのにねぇ。寺の住職さん、頼みますよ!
これに付け加えて解説すると、法事で通常は33回忌まで定期メンテナンスを行って、弔い上げはOSがアップグレードする事かなぁ・・・

 

<ご参考>
◆SE( システムエンジニア)とは、コンピュータ システムの設計・作成に携わる技術者の事

◆プロトコルとは(コトバンクからの転記)
コンピューター同士が通信をする際の手順や規約などの約束事。ネットワークでコンピューターが使う言語のようなもので、双方が理解できる同じプロトコルを使わないと通信は成立しない。

 

 

お墓、海洋散骨、樹林散骨、手元供養の件や終活の件で何かお困りごとがあれば、電話またはメールで連絡下さい。
お問い合わせはhttp://ioi-shitaku.com/contact

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年06月22日

高齢化時代に向けて お一人さまの終活をいかに考えるか?

【JIJICOに記事が掲載されました】
エンディングのサービスについて意見を述べさせて頂きました。
死を見つめる事で、残されたこれからの時間をどのように生きるのかを、体の自由が利き、気力があるうちにしっかりと考えるべきと思います。

 

人生の料理人は、あなたしかいないのですから・・・
http://jijico.mbp-japan.com/2016/06/22/articles20483.html

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年06月20日

書ける!マンダラエンディングノート体験会(6月30日)

エンディングノートって言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
またエンディングノートを持っている人も多いと思います。
でも、記入が出来て完成した人は、非常に少ないと思います(調査によると書き上げた人は50人のうちで一人いるかどうかです)。

何でそんなに書けないのでしょうか?

 

それは最期の事を考えると気が滅入って書けなくなるからではないでしょうか?

 

今回は、そんな書けないノートではない、答えが自然と湧いてくる、人生の地図が描ける不思議なノート、マンダラエンディングノートを使って、私たちの明日を描いていきます。

 

詳細は下記の通りです。

 

日程  2016年06月30日(木) 15時15分 ~ 18時00分 受付開始 15時00分より
定員  12 名
会場   品川産業支援交流施設 SHIP 第2会議室
≪住所≫東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア 4階
≪アクセス≫http://www.ship-osaki.jp/access/
持参物 筆記用具
費用  3,000円(マンダラエンディングノート1冊付き)
ご参加される方は、電話(090-9364-0295)又はSeminarsのサイトにてお申込み願います。
https://www.seminars.jp/s/232921
会場でお会い出来る事を楽しみにしております。

 

お墓、海洋散骨、樹林散骨、手元供養の件や終活の件で何かお困りごとがあれば、電話またはメールで連絡下さい。
お問い合わせはhttp://ioi-shitaku.com/contact

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年06月15日

もうすぐ 人気殺到の都営霊園の今年度募集が開始

今年も都営霊園の募集が始まります。

申込期間は7月1日から7月15日まで。

申込書は都内の各区市町村や都立霊園の窓口などで6月24日から7月15日まで配布されます。

 

申し込み方法は郵送か、インターネット(都立霊園公式サイトから事前登録が必要)で1人1カ所に限るそうです。申込み条件や募集数などはここ(平成28年度都立霊園の使用者を募集します)をご参照ください。

 

都営霊園は場所が良い事と維持費用が安い人気が高いです。お墓の事を考えるのであれば、選択肢の一つに加えても良いと思います。

お墓、海洋散骨、樹林散骨、手元供養の件や終活の件で何かお困りごとがあれば、電話またはメールで連絡下さい。
お問い合わせはhttp://ioi-shitaku.com/contact

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 おいしたく
http://ioi-shitaku.com/
住所:〒107-0051
東京都港区赤坂3丁目21番3号 牧野ビル2F
TEL:03-6804-1560
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

「エンディングノート研究所」が、終活の在り方や人生の終焉について考えます

少子高齢社会化が進むに連れ、日本で耳にすることも多くなった『終活』や『エンディングノート』という言葉の意味やそうした活動の必要性をどれだけの方がご存じでしょうか。「まだ大丈夫」と思っていても人生の終焉はいつどのような形として訪れるか分かりません。
だからこそ東京都の「エンディングノート研究所」では、万が一のときに備えておく『終活』の重要性や始め方を知っていただくためのセミナーや相談会を開催、この機会に「エンディングノート研究所」と一緒にご自身の人をもう一度見つめ返してみてはいかがでしょうか。

まずはお気軽にお問い合せください